空を行こう 〜 ミュンヘン駐在編 〜

空を行こう 〜 ミュンヘン駐在編 〜

海外生活2カ国6年目。いろんな国を訪問し、いろんな経験をして、いろんな人と出会いたい。そんな想いを募らせるうち、いつの間にかここに至りました。本ブログでは、米MBA留学及びその後の海外経験を中心に記載しています。

ロックダウン継続の中、次女と二人きりの6週間がスタート

長女の受験の関係で、先週妻と長女が一時帰国しました。僕と小学校2年生の次女は6週間ドイツでお留守番です。次女は同じクラスの韓国のSちゃんと大の仲良しで英語力もぐんぐん伸び、本人も学校を休みたくない/親としても休ませたくない、と言うのがその理由でした。

が、、、ドイツのロックダウンが1月末まで延長され、学校も全てオンラインに。
February Week (休暇)と合わせると、結局妻と長女が不在の6週間のうち、少なくとも4週間は通学できないことが確定してしまいました・・・😫

目次

 

f:id:skygo:20210112072928j:plain

オンライン授業は親の負担が大きい

うちのインターはオンライン対応が早く、コロナが蔓延し始めた昨年3月すぐに企画を開始し、イースター明けには丁寧なオンライン授業が開始されていました。6月にロックダウンが緩和された後も、万一の際はオンライン授業に切り替えられるという安心感はとても有り難かったものです。

ただ、オンライン授業ではどうしても低学年の親の負担は大きくなります。Google Meetで全員をつなぐのは非効率なため、1日3回ある45分ライブセッション(Language/ Maths/ Music/ PE/ Unit of Inquiry など) 以外はそれぞれ家で課題をこなして写真や動画でレポートするスタイルをとっています。ReadingやWritingは子供が自身でこなすので最初のセッティングだけ助ければ良いのですが、習ったばかりの単元についての課題も多く、その場合は残念ながら親がかなりサポートしてあげる必要があります。

 

例えば今日のMaths(算数)。朝の45分セッションで立方体や円錐や球など3次元の形状を習い、その後の課題として、家でその形状のものを探すという「3D Shape Hunt」が出されました。該当するものを見つけて写真を取るだけなら楽なのですが、口頭で「これはXXXで形は四角柱。面が6個、辺が12個、頂点が8個ある」など全部説明&録音&アップロードする必要があり、なかなか手強かったようです。

f:id:skygo:20210113080534j:plain

f:id:skygo:20210113080554j:plain

特にうちの次女は真面目なのかビビリなのか(多分両方なのですが)、適当に課題をこなすということができません。本人に求められて親がサポートに入っても、逐一「先生こう言ってたから、これじゃダメだよ」とか「どういう風に説明すればいいかわからない」など結構悩む(文句を言う😭)のでかなり時間が取られることになります。

ただでさえ仕事と家事で手一杯なのに、このサポートがさらに重くのしかかってきます。せめて2月からでも学校が開いて欲しいと切に願います・・・🤞

 

画期的なライフハックがない限り時間が足りない

さて、家事・仕事・子供のサポート全てを効率化するために、色々ライフハックを試みていますが、どれも大幅に時間を減らせる訳ではないため、大きな改善が見られません。最終的には、この6週間を次女に成長してもらう機会とするのが良いかもしれません。

  • 家事の間は常にAmazon Audibleで読書
  • 料理はまとめて一気に作る
    (炊飯器が許容する5合半炊いて冷凍、おかずも2−3食分の分量で一気に作る)
  • 食洗機は小まめに回す
    (時間が経つとこびり付いて軽く手洗いするなど無駄が発生)
  • ゴミ箱は分散させず一つに集約(回収手間とビニール袋無駄を省く)
  • 家の導線整理
  • 次女に自分のことは自分で担当させ、料理も家事も一部担当
    (実際は余計に時間がかかるけど、娘の成長を楽しむ時間と割り切る😭)

どう楽しむか、とてもチャレンジングな日々が続きそうです😆

 

 

2020年は苦難の年 but 新チャレンジの多い年!

早いもので2020年も最終日。今年はまさかのコロナ禍に見舞われ、特に初期は得体の知れないものが忍び寄る恐怖で、家族全員が不安な中過ごす日々が続きました。予定していた春の一時帰国や夏のフランス観光などの旅行計画も当然全て吹っ飛び、どちらも長女がずっと期待していただけにとても可哀想な思いをさせてしまいました。2020年は誰にとっても忘れることができない大変な年として記憶されるのでしょう。

一方、あえて明るいことに目を向ければ、旅行が消え、100% 在宅勤務となり使える時間がだいぶ増えて、多くの新しいことにチャレンジできた年でもあったように思います。ここでは今年新たに取り組んだことについて記載しておきたいと思います。

2020年開始リスト

 

10年振りブログ再開:異文化理解・国際協調経験を追う自身のストーリーを再発見

10年ぶりにブログを再開しました。10年前のブログを読み返すと当時の想いや考えを鮮明に思い出すことができます。逆にそれ以外はあまり思い出せません😢

昔もブログを書く理由の一番に挙げましたが、本ブログが20年後、30年後でも自身のライフログとして機能してくれることを期待しています。将来娘たちにも読んでほしいですね👧

skygo.hatenablog.com

 

一方で、嬉しい再発見もありました。自身の人生に大きく影響を与えた「旅」にフォーカスし、これまでの「訪問国」を順次振り返っているところですが、結局全ては、初の海外旅行・トルコ3週間放浪で必要性を感じた 異文化理解/国際協調経験 を追いかけてきた人生だったようです。本ブログ再開は、今後この経験どう深めていき、どう市場に還元していくかを考えるきっかけとなりました。来年を通しての目標は、この市場還元実現に向けて歩みを進めることになると思います。

skygo.hatenablog.com

 

プログラミング:Progateで短期集中!「Ruby on Rails Web開発パス」を修了

先週月曜 12/21 にProgateという初心者向けプログラミング学習サイトに有料会員登録し、学習を進めました。月980円で学び放題なので結構お得です。

prog-8.com

 

もちろん「今からエンジニアとして技能を身につけたい!」という訳ではありません。「自身の構想を人に伝えるには、動くものを見せるのが一番!」なので、簡易版のプロトタイプくらいは学んで作ってしまおうと思った訳です。上記 市場還元実現に向けた一歩ですね。

僕のプログラミング経験といえば、大学院時の なんちゃってシミュレーション開発(C++/ Java/ VRML)や新入社員時のJava研修くらい💧 かれこれ20年近くプログラミングに触れていなかった訳ですが、Progateのコンテンツの分かりやすさに助けられ、なんとかRuby on Rails Web開発パスを修了し、Certificateを得ることができました✌️

f:id:skygo:20201231060913p:plain

 

昨日までの9日間は毎日 8時間くらいProgateに向かっていたかもしれません。この期間では日本の100万ユーザ中トップ10入りしていました・・・

って誰もこんな年末の忙しい中、短期集中でプログラミング学習をしていないだけですが💧

f:id:skygo:20201231060346p:plain f:id:skygo:20201231060431p:plain

 

このWeb開発パスでは、HTML/ CSS/ Ruby/ Rails5 を学び、TwitterのようなWebサービスをガイドに従って開発していきました。本パスを終え、プログラムの命令・仕組み・ロジック構成など理解するまで至ったようには思います。残りの冬休み期間に本パスをもう一巡して理解を定着させて、テスト開発に乗り出す予定です💪

自身で開発していくには大きな壁があると思いますが、まずは最小限の機能に絞ってやってみたいと思います。頑張っていこうー❗️

 

Audible × ランニング:距離がどんどん伸び、今や18km走るまでに

昨年の今頃、1冊無料トライアルを始め、翌月、有料会員になりました。もともと自己啓発系の本は好きでしたが、読みながら色々考えてしまう癖があり、なかなか本を読み進められなかったのです💧 でもこのAudibleはとにかく一定の速度で読み進めてくれるため決まった時間で1巡目が終わります💪 2巡目に反芻することを加味しても、時間あたりインプット量は増えたように思います。

おかげで週末にランニングをしながら本を聴くことが習慣化されました。が、、、
読書時間を伸ばしたいので、走る距離も長くなる」というサイクルにハマり、去年までは10km前後だったのに、今年は15-18km 走るまでになってしまいました・・・🏃‍♂️🏃‍♂️🏃‍♂️

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

  • 発売日: 2020/09/26
  • メディア: アプリ
 

 

リベ大 × 筋トレ:「今日が人生で一番若い日です^^」 今や腕立て200回に

コロナ禍で健康志向が強まり、走らない日も2日に1度筋トレをするようになりました。(ついでもお酒も週2くらいまで減りました)。最近はためになるYouTube動画も多いため以下のリベ大のようなものを見ながら筋トレしています。Audibleと同じで、動画を見たいので、筋トレ量も増える」というサイクルにハマり💧 最初は腹筋・背筋・腕立て・スクワット各30回でしんどかったのに、今では 各50回4セット 計各200回 までできるようになってしまいました・・・💪💪💪

 

ちなみに上記「両学長 リベラルアーツ大学」は、登録者数70万突破と人気があるお金の知識💰を学べるチャンネルなので、皆さんも既にご覧になっているかもしれません。両学長は、リスクとリターンのバランスをきちんと説明した上で実行可能なアドバイスをしてくれるのでめちゃ勉強になります。

そして彼が最後に必ず言う「今日が人生で一番若い日です^^」がとても深くて好きで、「ああ今日も大切に1日を過ごそう」と思わせてくれるのです😌

 

アコースティックギター:5コードを覚えて チェリー / マリーゴールド を完奏

昨年、長女はサンタさんにアコースティックギター🎸をもらったのですが、(特に手の小さな女性は) コードを押さえるのが難しく & 受験勉強が忙しくなり、ギターは使われずに部屋に飾られるだけとなりました😢

今年10月、僕がふとギターを弾いてみたくなり、いや正確にいうと、頑張れば弾けるようになるのではないかと思い、YouTube動画を参考に練習を開始❗️

f:id:skygo:20201231064944j:plain

 

でもギターって想像以上に難しく・・・最初はコードを押さえることすらできずに、文句ばかり言っていました。「左手をこんなに捻じ曲げてコードを抑えなければいけないのって楽器として間違ってない?」ってなんて失礼な人でしょう・・・

でも娘👧の手前、メゲるわけにもいかず、一つの弦を押さえて弾くことから開始。週に2日ほど1時間触れる程度を2ヶ月続けた結果、まだまだではあるものの 5 つのコード C/G/Am/Em/Fm(Fの代替💧) を使って初心者向けのスピッツの「チェリー」と、あいみょんの「マリーゴールドをなんとなく弾ける感じになりましたー!やっぱり曲になってくるととっても楽しいんですよね♬

YouTube & U-FRETさまさまです🤲

www.ufret.jp

来年は押さえれるコードを増やして新しい曲にもチャレンジしたいと思います。

 

今年一年ありがとうございました。来年もやること満載でブログ更新が遅れるかもしれませんが、またご来訪いただけると嬉しいです。

残念ながら来年もしばらくはコロナが続いてしまいそうですが、世界に少しでも平和で平穏な日々が戻りますように。そして皆さんが心身ともに健康で過ごせますように🍀

【書評】STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか (NewsPicksパブリッシング)

Yahoo!Japanのコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)であるYJキャピタル代表の堀新一郎さんの著書「STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか 」が素晴らしかったので紹介させて頂きます。起業を考えている人はもちろん、全てのビジネスマンに多くの気づきと行動する勇気を与えてくれるはずです。

目次

 

購入のきっかけ:起業家の思考や行動を改めて理解したい

今回「STARTUP 優れた起業家は何を考え、どう行動したか」を手にしたのは、起業家の思考や行動について改めて理解し、参考にしたいと思ったためです。僕がCVCに所属していたときは年間250社以上の起業家と議論を交わし、日々彼らの想いや努力に触れていたのですが、CVCを離れて6年が経ってしまいました。今後の人生においても新事業創造を追い求めていくつもりなので、定期的なアップデートが欠かせません。また、僕は今、とある構想を実現したいと想い始めていて、その活動のための具体的な指針や参考事例が欲しかったこともあります。

 

結論から言うと、購入して大正解。上記目的を果たすことができました。

本書は、起業家や新規事業に関わる人だけでなく、全てのビジネスマンに「果たして自分はここまで本気で考え、行動しているだろうか」と考えさせてくれます

著名な起業家の苦悩や努力の事例が豊富なため、自分の人生で何を成し遂げたいか考えきれているだろうか」「ここまでやり切れていないかもしれない」「そっか、こんなやり方もあるんだ」という気づきや行動する勇気ももらえました。

 

いつも紹介していますが、僕はAmazon Audibleの会員(月額1500円)で、読書をしながらランニングしています。毎月1冊のオーディオブックを購入できることに加え、会員特典としてNews Picksアカデミアという著名人のセミナーが聴き放題でとても重宝しています。

本書は8時間44分の朗読でしたので、ランニング3回で初回(1.3倍速) を聴き終え、4-5回目のランニングで復習(2倍速)を終えました。

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

Audible (オーディブル) - 本を聴くAmazonのサービス

  • 発売日: 2020/09/26
  • メディア: アプリ
 

 

テーマ別の事例が豊富:読者のステージに応じて示唆が得られる

本書はテーマ別に豊富な事例が用意されており、読者が今どのステージで戦っているのか、悩んでいるのかに応じて、多くの示唆を得ることができます。 

章立てとしては以下

  • はじめに スタートアップ業界の内側に閉じたノウハウを開放する
  • 第1章 アイディアを見つける
  • 第2章 最初の仲間を集める
  • 第3章 プロダクトを作り、ユーザー検証する
  • 第4章 ユーザーを獲得する
  • 第5章 資金を調達する
  • 第6章 起業するということ

ベンチャー創業に限らず、大企業でも事業開発に関わっている人なら、第1章アイディアを見つける、第3章プロダクトを作り、ユーザー検証する、第4章ユーザーを獲得する、第5章(社内で)資金調達をする、という観点からも学ぶところが多いと思います。

 

事例1:ビズリーチ創業者 南壮一郎氏 の「最初の仲間を集める」苦労と行動

本書を読むと、今でこそ成功されている起業家たちも、知名度もなくリソースが限られていた創業当初は必死でできることを模索し実行していたことがわかります。

そして、会社のブランドを使って戦っている我々の甘えも認識することになります💦

 

転職サイト ビズリーチ 創業者の南さん

外資系証券会社を経て三木谷氏の下で楽天イーグルス創業に関わった南さんは、もともと自身で何でもこなせると考えがちだったそうですが、創業期に同士を求める中で何百人にも断られることを経験😢。この経験を通して仲間の大切さを改めて実感したそうです。

  • "起業当時、僕は共に戦ってくれる仲間を集めるため数ヶ月で数百人に声をかけ自分の想いや事業構想を懸命に伝えました。でも「無理だよ」「絶対に成功しない」と誰も賛同してくれず、一時は自信を失いかけました。"
    その後、最初の仲間、佐藤氏と出会い、この人に恩返しするために絶対に成功させると誓うことになります。
  • 次にプロダクト開発するエンジニアが必要で、リアル/オンライン含めてエンジニアの集まりに足繁く通ったそうですが、成果はゼロ。IT経験がなかった南さんはエンジニアをリスペクトする会話ができず反発を買い、コミュニティ出禁になったこともあるそうです。最終的には最も優秀だと感じていた竹内氏に以下を約束して仲間になってもらったそうです。"必ず南と仕事をして良かったと言ってもらえるよう約束します。そしてその約束を僕は全力で守ります。"

99%断られるのがわかっていても、最高の出会いを求めて、自分の夢や構想を語り、誘い続ける努力と勇気。賛同してくれる仲間は待っていても見つからないので、とにかく行動するのみ。見習わないといけません。

事例2:サイタ創業者 有安伸宏氏の「プロダクトを作り、ユーザー検証する」巧みさ

サイタ創業者有安さん

個人指導コーチと受講生をマッチングするサービスのサイタは、クックパッドに2013年に買収され、2017年にクラウドワークスに事業譲渡されています。そのサイタ創業者・有安さんは今でもエンジェル投資家として活躍中ですが、その創業期のMVP (Minimum Viable Product) 検証プロセスが秀逸なので紹介します。

  • 梅田望夫さんの ウェブ進化論 を読み、これからはロングテールの時代だと感じる
  • ニッチ領域の習い事マッチングというニーズを検証するため、プロギターリストであった弟をコーチとして1時間当たりの受講料を設定し、渋谷でギターの個人指導を受けたい受講生を募集するWebサイトを本人が簡易的に立ち上げる
  • ほぼ獲得コストをかけていないにも関わらず、初月で10人もの申し込みがあったことで、市場ニーズを確信

お金も工数もかけず、MVPを作成して顧客ニーズ・価格を検証するのは最高の形ですが、言うは易く行うは難し。これをサクッと行った有安さんには驚きしかありませんが、MVP開発においてはとても参考になるベスト事例だと思います。

 

最後に:自分のエネルギーを出し切って完全燃焼し、納得できる人生を送る

本書は総勢17名の起業家が登場し、彼らの熱い想いや苦悩・努力が豊富に紹介されています。これらを読んで、結局、元大阪府知事・橋下さんが言っていることとも通づるなぁと思いました。「自分のエネルギーを出し切って完全燃焼したか / しているか」を問われている気がします。

skygo.hatenablog.com

 

最近僕も実現したい構想が固まってきたのですが、本書の後押しもあり、仲間を集める行動、ユーザ検証において動き出せています。死ぬ時に「あの時の熱い想いに対して何にも行動を起こさなかった / 中途半端だったな・・・」と後悔したくないので、本書に紹介される起業家たちのように、やれること全て進めていこうと思います❗️