空を行こう 〜 ミュンヘン駐在編 〜

空を行こう 〜 ミュンヘン駐在編 〜

海外生活2カ国6年目。いろんな国を訪問し、いろんな経験をして、いろんな人と出会いたい。そんな想いを募らせるうち、いつの間にかここに至りました。本ブログでは、米MBA留学及びその後の海外経験を中心に記載しています。

帰国4ヶ月後にようやくドイツの銀行口座解約に成功

2021年7月にドイツ・ミュンヘンより帰国。10月からドイツ企業に加えて、2つの東南アジア子会社の面倒も見ることになり、ここ最近は多忙を極めています。ブログ更新も滞っていましたが、しばらく前にドラフトしていた記事だけは冬休み中に公開せねば・・・。
本記事は、ドイツの銀行口座解約に苦労した奮闘記になります。

f:id:skygo:20211227013907j:plain

帰国4ヶ月後に初出社 🚃

 

前回までのあらすじ

前回エントリーでも記載しましたが、帰国直前までのんびりしていた自身の甘さに加え、SparKasseの複数の担当者に振り回された結果、銀行口座を解約できずに帰国することとなりました。ただ、オンライン口座を再開してくれたこともあり、帰国後1ヶ月ほどで無事資金の大半を日本のユーロ口座に送金することに成功。

残る課題は以下です(対応必要順)。

  1. SparKasse経由で申し込んだ家財保険・損害賠償保険の掛け金の一部を口座に返金してもらう
  2. 口座残額を日本の銀行に送金
  3. 口座解約

 

家財保険・損害賠償保険掛け金の返金申請

自動車の自賠責保険は、2021年1月に向こう1年分引き落とされていたのですが、自動車を売却した際にナンバーが切り替わり、自動解約&約半年分返金がなされました。また、プライベートで加入していた自動車保険も連絡を入れるとすんなり解約・返金されてきました。

問題はSparKasse経由で申し込んだ家財保険と損害賠償保険でした。2021年4月に最終更新を行い1年間前払いしたため、2021年7月〜2022年3月の9月分を取り戻さねばなりません。

さて、これらの保険はSparKasseを介して契約したことから、彼らに連絡すれば手続きしてくれると信じていたのですが、担当者からは「保険会社に直接連絡して」との回答。え?😧

この担当者は過去から幾度となくやらかしているため全く信じられず、何度も確認したのですが「お客様自身で連絡する必要がある」との一点張り。

どうしようもないので、保険会社の問い合わせフォームから連絡することに。すると家財保険分はすんなり解約・返金され「なんだ簡単じゃん」とホッとしました😊

 

しかし、ここからが長かった・・・

損害賠償保険の担当者からは、「1年後の2022年4月を解約日として設定した、これまでありがとう」と連絡があった。「いや、解約日は僕が帰国した2021年7月。家財保険の方は返金してくれたので同じ処理でお願いします」とやり取りするも、NGの一辺倒。なぜ?😧

埒があかないのでSparKasseの担当者から連絡してもらうも「損害賠償保険は途中解約が不可。日本での事故も対象だからもし何か起こっても保険が適用されるから大丈夫」とか訳がわからない回答を持ち帰ってくる始末。ここまで2ヶ月程度浪費・・・

その間もSparKasseから毎月7−8ユーロの口座手数料が引かれていきます。

そして、SMBC信託銀行プレスティアのキャッシュバックキャンペーンの権利を得るために、早々にSparKasse口座残額をプレスティアユーロ口座に送金する必要がありました。

そんなこんなで結局、損害賠償保険の返金を諦めることにしました。金額自体は1万円程度なのですが、これまでのSparKasseや保険会社とのやりとりに納得がいっていなかったこともあり取り返したかったのだが・・・

 

SparKasse口座残額の移動、及び、口座閉鎖

さて、返金を諦めたことで残るステップは口座残額を日本のユーロ口座に送金する。そして最後の口座閉鎖になります。

SparKasse担当者からは

  • 口座閉鎖手数料として5ユーロ程度必要
  • 口座解約後に残る金額を移動するドイツ国内銀行の口座番号も必要

と言われていましたので、私は以下を予定していました。

  • 10ユーロ残して、それ以外は日本のユーロ口座に資金を送金
  • 口座閉鎖手数料5ユーロ程度を差し引かれる
  • 残額は現地で寄付してもらえば良いと、ドイツ赤十字の口座を連絡

しかし、1ステップ目のオンライン送金指示で何故か残額が2ユーロに😨

表示された手数料を何度も確認して、10ユーロ残ることを確認したのに・・・

これでは口座閉鎖手数料の5ユーロが払えません。

 

SparKasse担当者曰く

  • 口座に数ユーロ振り込む、または
  • ドイツの口座を教えてもらえればそこから徴収する

とのことでした。

もうドイツに口座はないし、日本から海外送金すると手数料4,000円程度かかるし、いやもうほんと最悪です。うちの妻もこの長い戦いに呆れていました😅

 

最終手段として、ドイツでお世話になった大家さんに相談しました。

  • アマゾンギフト30ユーロ分送るので、大家さんの口座から数ユーロ引き落とさせて頂けないでしょうか・・・と。

大家さんからは「そんなの要らないし、僕の口座を使ってくれればいい。日本に行くことがあるだろうからその時にまた一緒にお酒を飲めればそれでいいよ」と、結局無償で引き受けてくれました。なんと優しいのでしょう😢 SparKasseや保険会社と同じドイツ人とは思えません。

 

その後、大家さんが手法を確認しようとSparKasse担当者に連絡した際に、僕からのレター承認がないと教えられない、など訳がわからないやりとりもあって大家さんにも「あの担当者ヤバいね」って理解してもらえたのが救いですが、長くなるので省略します・・・(大家さんがその手法を理解しないと大家さんがOKできず、そうすると僕がレターに大家さんの口座番号書けない、というのが解らないのか❗️ 結局大家さんは手法を完全に理解しないままOKしてくれました・・・)

 

最後は、(これも納得いかなかったけど)担当者及びその上司から言われた通り、解約依頼及び大家さん口座番号を記載したレターにサインをしてわざわざドイツまで郵送。そしてその10日後くらいに連絡があり、ついに口座解約が終了したのです!😭

 

いや本当にいい勉強になりました。
皆さんも銀行口座解約だけは気をつけましょう・・・❗️

ドイツからの本帰国 / 銀行口座解約や出国時の大トラブルの記録

家族は3年3ヶ月間の滞在、僕個人は4年間滞在したドイツ・ミュンヘンをついに去りました。引き続きドイツの会社と仕事をしますが、リモートで事足りるため、しばらく訪れることはないでしょう。

少し時間が経ってしまいましたが、本記事では7/7に僕と次女(小2)がドイツから本帰国した際のことを記載しています。(妻と長女は3ヶ月前に先に帰国→エントリーはこちら

 

ミュンヘン空港でのPCR検査:恥ずかしい日本の厚生労働省独自フォーマット

妻と長女の帰国時同様、ドイツ出国の2日前にミュンヘン空港のテストセンターでPCRテストを受検しました。ここで万一陽性結果が出ると帰国できないため、結果を待つ6時間はやはり不安でしたが、無事二人とも陰性結果をオンラインで確認できホッと一安心😌

いつもと同じように次女の要望で空港のマックに立ち寄ってからホテルに戻りました。

 

ちなみになぜ空港までPCRテストを受検に行くかというと、日本入国時に厚生労働省ミュンヘン市のオフィシャル陰性証明を受け付けてくれないから。そして、厚生労働省独自の陰性証明フォーマットに医師がサインしてくれるセンターが空港にしかなかったから。

厚生労働省が受け付けない理由は「パスポート番号の記載はあるが国籍の記載がないから」らしい。でも国籍ってパスポート番号に紐づいているから、パスポート番号がわかれば国籍も一意に定まるのではないのでしょうか。両方必要なのか未だに謎です・・・

橋下徹 on Twitter: "邦人帰国、目立つトラブル: 日本経済新聞
➡︎最悪の日本の政治行政。これを正すのが政治の役割だ。オリパラであれだけの特例を認めているのだから、日本国民にもっと柔軟に対応しろ! https://t.co/0keRN1pzEH"

 

人生2度目の挑戦:日本から海外の銀行口座を閉じる

帰国までにまだまだやることがあります。最難関だったのはSparkasseの銀行口座にある資金移動と口座解約。

数ヶ月前、銀行の担当者から「日本からも口座を閉じることができる」と聞いており、たかを括ってノンビリしていました。「資金を残して去るのは不安だから、帰国前に資金の大半を日本に送金する手続きだけは行おう」「どうぜ帰国後1ヶ月くらいは引き落しなど発生するだろうし帰国してから口座を閉じよう」と。

ところが、帰国1週間くらい前に銀行の窓口を訪れ、資金の大半を日本に移動しようと海外送金指示を行った際に、新たな担当者から「日本からは口座を閉じれませんよ」と言われることに。「いやいや。前任者の方は出来ると言っていましたよ」と上司に確認してもらうも「出来ない」の一辺倒😢 諦めて、海外送金処理が終わるであろう帰国直前に口座を閉じることにしました。

そして帰国前日に銀行を再訪。そこで新たに言われたのが「残金を日本に送金するには1週間程度かかるため、今日口座を閉じれない。もし今日閉じたいなら、残金はドイツ国内の他口座に移すしかありません。ドイツ国内に口座をお持ちでないなら、友人の口座でも大丈夫です」と。残金も少額とは言えない額でキャッシュで持ち運ぶには大きすぎたため、お世話になった大家さんに電話で相談して、大家さんのドイツ口座を経由して僕の日本口座に送金させて頂くことにしました。そして口座を閉じる手続きをして銀行を後にしたのでした。

 

さて、帰国して間も無く銀行から連絡が入り、結局トラブル続きで全てゼロベースでやり直すことになりました😭。話せば長くなるので簡潔にお伝えすると以下のような感じです。さて無事最後まで資金回収して、口座解約できるのでしょうか・・・。

  • 大半の資金移動を試みた一回目の海外送金は、中継銀行から弾かれて手数料だけ引かれてドイツ口座に逆戻り(窓口では新担当の方に、中継銀行も指定して手数料も自身で支払うよう依頼したのに、何でこうなるの?😡)
  • 残金だけでなく、全ての資金を合算した金額では、大家さんに渡すには大きすぎてお互いリスクがあるため、大家さん中継日本送金案も中止
  • 結局、銀行担当者にオンライン口座を再開してもらい、日本から海外送金指示をして資金の大半を取り戻すのに成功(最初からこれ出来なかったの?)

#銀行経由で購入/解約した家財保険/損害保険の返金待ち状態のため、帰国後1ヶ月以上経った今でも口座は閉じていない状況。幸い?その間に自動車登録料や自動車保険の返金なども受け取れたのは良かったかな。一応銀行担当者との話はついているのであと数週間では閉じる予定。昔、米国留学から帰国する時もバンク・オブ・アメリカの口座を日本から閉じれず、結局帰国後10年以上経ってドイツから米国への出張時にようやく解約できたことがありました。今回この経験・反省を活かすことができず・・・残念。

続きはこちら

skygo.hatenablog.com

 

インターのお友達のお誕生会

帰国前日に次女のインターナショナルスクール同級生のお誕生会があり、次女を車でEnglish Gardenに送ってきました。既に夏休みが始まっていたためクラス全員参加とはいかなかったけど、最後までクラスメイトの多くと遊べてよかったね👧

次女は、最後とわかっていながらも、感傷的にならず、普通に遊んで普通にお別れしていました。インターは毎年出入りが多く、この夏もクラスの半分弱がそれぞれの国に帰国するようだったので、彼女にとっては出会いや別れは既に普通に受け入れられるものなのかもしれませんね。

 

車の売却益をキャッシュで受け取り、帰国時に税関申告!?

さてそのお誕生会の最中に、僕はカーディーラーに車を引き取ってもらいに行きました。

元々は妻も運転するだろうと小型車🚗にしたのですが、基本買い物は僕自身も一緒に付き合っていたので、結局妻が運転する機会は訪れませんでした・・・でも小さい割に3年間故障なくよく走ってくれました。最長ドライブは、オーストリアスロベニアクロアチアを10日間で旅した1600kmの家族旅行だったかな。無事に走ってくれてありがとう、そしてお疲れ様でした🙏

f:id:skygo:20210821181442j:plain

銀行口座は既に閉じてしまったため(少なくともこの時はそう思っていた)、この車の売却代金も、ディーラーさんに日本に海外送金してもらうか、大家さんの口座に振り込んでもらうしかないなと思っていたのですが、お兄さんが「じゃあキャッシュの方がお互い楽じゃない?」と🤑

初めて200ユーロ札💶なんて見ましたよ。そして入国時に手持ちキャッシュが100万円を超えてしまった、初めて帰国時に税関申告しましたよ・・・なんのことはない、ただ用意された紙に申告内容記載して終わりでしたが。

 

帰国便:国内便から国際便への乗り継ぎなのに、大ボケかます

ついにフライト当日です。韓国のSちゃん家族もこの夏の本帰国でしたが、出国日は若干こちらが先。ということで当日朝はホテルに見送りに来てくれました。悲しい雰囲気にならないよう「少なくともオンラインではすぐに会えるよ!」と明るく振る舞うのに必死でした😢 

 

大型タクシーで空港に向かいます。

f:id:skygo:20210821182708j:plain

 

ミュンヘン空港で最後に大ボケかましましたので、記録しておこうと思います。

 

前々回エントリーで書いたように、2021/3末で切れた就労ビザの代わりに短期滞在許可証をもらっていました。この許可証は帰国時に空港のパスポートコントロール(以下、P.C.)で提出が求められ、万一それを怠ると最悪逮捕されたり、将来に渡ってEUに入国許可がおりなくなったりする、という脅しの文面が許可証に記載されていました。そういうこともあって、僕の頭の中では「空港のP.C.で許可証を提出」「空港のP.C.で許可証を提出」・・・と何度も繰り返されている状態でした。

さて、ミュンヘン空港でセキュリティチェックを終えた後、近くにいた係員に「P.C.ってこの後でしたっけ」と話しかけ、誘導されるがままにP.C.へ。そして無事P.C.で許可証を提出し終え、いざフライトの待つゲートへ行こうとしたのですが、何かがおかしい・・・なぜかまたP.C.を通らないとそのゲートに行けなかったのです💦

何が起こっていたのか。

  • 滞在許可証は国際線に乗り換えるフランクフルト空港のP.C.で提出すべきものだったのに、間違えて国内線に乗るミュンヘン空港のP.C.で提出してしまった
  • そして、なぜか、そのミュンヘン空港 P.C.担当官①も僕の許可証やチケットを見てもただ受け取って僕を通してしまった

そう、フランクフルト行きの国内線に乗るはずのミュンヘン空港でP.C.を通過し、国外エリアに出てしまったのです😣

#自分でもびっくりの大ボケですが、言い訳をすると、これまではミュンヘン・羽田直行便があったのですがコロナでそれが運行停止となり、今回が初めてフランクフルト経由での帰国。無意識のうちに、コロナ前に何度も通過していたミュンヘン空港のP.C.に体が向かっていたのです・・・

 

ここからが大変でした。国内エリアに戻るP.C.の担当員②は事情を理解して苦笑い。「最初のP.C.の担当官①を探して許可証を取り戻してくる」と僕のチケットを持っていってしまいました。その後30分以上待てども彼は戻ってきません。フライトの時間は迫ってきます。

そしてなぜか最初のP.C.担当官①だけが僕のところに現れ、「見つかって良かった、これ返すよ」と許可証を返してくれたのでした。でもこの担当官①を探しに行った担当官②とは会っていないとのこと。僕は手元にチケットがないので、国内エリアに戻れないまま担当官②を待つことしか出来ませんでした。

これはもう間に合わない、、、と覚悟した時にようやく担当官②が戻ってきてくれました。僕が許可証を持っていることに彼も一安心するも、さすがに彼の顔にはもう笑顔はありませんでしたよ・・・🥲 国内エリア向けP.C.を無事通してくれて、何とかフライトのゲートへ。そしてギリギリ乗り込めたのでした。僕の緊張が伝わって、次女も泣いていたし。あー久々に地獄を見ました・・・😭

 

フランクフルトで乗り換えて国際線へ。既にミュンヘン空港のP.C. 担当官①に間違って出国スタンプを押されているため、フランクフルト空港のP.C.で何か言われて厄介なことになるかも・・・と心配しましたが、すんなり許可証を受け取って、新たに出国スタンプを押してくれて無事出国。きっと大丈夫なのだろうと信じましょう!

 

国際線にお友達🐰🐱🐷🐻🥬全員を連れてきた次女👧

f:id:skygo:20210821181803j:plain

 

ようやく入国:3年ぶりの日本のファストフードとコンビニ弁当

無事羽田空港に着きました。珍しくフライトで一睡もできなかったので疲労困憊でしたが、PCRテストやらモニタリングアプリのインストールチェックやら、合計2時間くらい要したでしょうか。すぐ移動できる羽田空港隣接ホテルを予約しておいて本当によかったです。

羽田空港やホテルでは、店舗内飲食は許されませんでしたが、3年ぶりに吉野家の牛丼やローソンでのコンビニ弁当などを食べるととても美味しく、それだけで心もお腹も十分満足することになりました。 

f:id:skygo:20210822001300j:plain

ホテルの朝食もレストラン店内は許されず部屋へのデリバリー

f:id:skygo:20210822001348j:plain

 

空港ホテルで2泊したあと、帰国者専用ハイヤーで横浜の自宅に帰宅しました。

準備から帰国までトラブルも苦労も多かったですが、まあ無事に帰国し自宅での生活を開始できているのでOKじゃないかなと思います。夫婦・姉妹みんなでよく頑張りました。約半年の本帰国プロジェクトも無事完遂、本当にお疲れ様!!

 

#2週間の自宅待機中は厚生労働省指定のアプリに毎日電話がかかってきて、顔の映像30秒と位置情報を吸い取られる日々で本当に苦痛でしたがそれも無事終了。結局100%リモートワークなので家からほとんど出ていないのですけどね。早くコロナがある程度収束しますように・・・。

本帰国まであと3日/ 次女最終登校/ 引っ越し荷造り/ 久しぶりのホテル滞在

帰国まであと3日。今週はイベントや手続き、作業が盛り沢山で、久しぶりに一睡もしない徹夜まで経験することとなりました。ここではその後半戦を記載しています。

 

次女最終登校:前日晩はプレゼント仕分けに追われる

インターナショナルスクールはついに学年末を迎え、次女以外にも多くの子供たちが学校を去ります。最終登校の金曜に向けて、前日木曜晩はクラスメイトへのプレゼントの仕分け・仕上げを行いました。

妻が一時帰国時に日本の百均で買ってきた和風の小物がベース。誰に何を渡したいか次女の意見も汲んで仕分け調整したり、当日ささっと渡せるように見えるところにお友達の名前を書いたり、そして日本の住所と名前を小さな紙に印刷して同封したり、、、
といろいろ大変でしたが、最後は気持ちよくお別れさせてあげたい一心で、心を込めて丁寧に仕上げました😌

これがクラスメイト分で、女の子が上段、男の子が下段。

f:id:skygo:20210705030139j:plain

同じ数くらい日本人のお友達分もご用意。日本人会でお付き合いがあり、幼稚園・小学校全学年足すとこのくらいの数でした。

 

そしてついに最終登校の朝、最後のスクールバスを見送ります👋

f:id:skygo:20210705030809j:plain

 

金曜午後、次女帰宅。プレゼントは無事全員に渡せたうえ喜んでもらえたようで本人も満足顔👧。良かった良かった。

荷物をいっぱい抱えて帰ってきましたが、その中には太陽系のユニットのプレゼン資料も。無事、Uranus(天王星)に関するプレゼンもできたようで、こちらも良かった良かった。

f:id:skygo:20210705030526j:plain

 

次女は、インターナショナルスクールという言語が異なる環境に最初は苦労していましたが、この3年間でたくさんのお友達を作り、多くのチャレンジをして、とても成長したように思います。

本当によく頑張ったね、パパはあなたを誇りに思うよ😊

 

引っ越し荷造り:38時間耐久レース / 妻のリモート支援でなんとか完遂

時計の針を戻して、木曜晩。翌日の金曜は航空便・船便の荷出しの日でもありました。つまり荷造りも終えていない中、上述のプレゼント準備に時間を費やしていたのです・・・😓

結局、荷造りに取り掛かったのが深夜12時頃。翌朝8時にトラックがくるのですが、この頃から、今晩は寝れないどころか、必要な荷造りが間に合わないことを覚悟。

基本的な箱詰めはロジ会社の方が行いますが、当然その指示はテキパキ行う必要があります。なので、とにかく翌朝8時までに、①手荷物、②航空便、③船便、④残すもの(大家さんのもの)、の4分類への整理を可能な限り進めました。

  • ①手荷物を実際に詰めてみて、運べないものは②航空便候補へ回す
  • 1〜2時間毎に横浜にいる妻とLINE通話しながら分類。特に台所周りの②航空便の確認をして、ダンボールに仮入れ
  • ④残すもの、及び、部屋の清掃

そうこうしているうちに朝8時になって次女を送り出す。やはり物理的な整理は間に合いませんでしたが、とりあえず頭の中での整理はできたので、冴えない頭でどんどん指示。

相手はさすがロジのプロフェッショナル、見る見るうちに箱詰めされていきます。

f:id:skygo:20210717232233j:plain

f:id:skygo:20210717232334j:plain

トラックというより大型バン。荷物は妻の時と今回で2分割だし、大型家具もほとんど大家さんのものなので、まあそんなものですかね。

f:id:skygo:20210717232706j:plain

 

お昼12時くらいには全て運び終えて頂きました。もう家には①手荷物と④大家さんのものしかありません。

結局、木曜が朝7時起きで、金曜の晩は21時くらいには寝た気がするので、38時間連続起きていたことになりますかね・・・😳

 

ホテル生活開始:プールにステーキ、と久しぶりのホテルを満喫

土曜日はホテルへの移動日です。と言っても徒歩10分強のホテルなので、チェックイン15時までは次女と最後のアパート清掃です。

と思っていたのに、結局終わったのは16時半。相変わらず見積もりが甘く、もう二人ともへとへと。

f:id:skygo:20210717233041j:plain

 

手荷物はこれだけ。妻と長女が大型スーツケース2つを使って帰国したので、残された我々は頑張ってダンボールで帰国です😆

f:id:skygo:20210717233753j:plain

 

徒歩10分強で、あっという間にホテル着

f:id:skygo:20210717233905j:plain

 

そして次女待望のホテルプールでのんびり。
と思いきや、「子供は18時までなのであと7分だけだよ」と受付に言われて2人とも半泣きで急いで泳ぎます😢

でも受付のお兄ちゃんが優しくて、どうせ誰もいないからあと20分いいよ、と🙌
水が冷たかったこともあり、結局18:15には満足してプールを後にしたのですが、心が安らぎました。

f:id:skygo:20210717234302j:plain

 

日曜は再びアパートに戻って、大家さんと一緒にアパートのチェック&鍵の引き渡しでしたが滞りなく終了。これで本当にアパートともお別れ。

緑に囲まれた素敵なエリアで、小さな日本人コミュニティもある。優しい大家さんとハウスマイスターさん一家、賑やかなお隣さんたち。部屋は無駄に広いし家具もキッチン用品も大き過ぎて、必ずしも使い勝手が良かったわけではないけれど、家族4人でノンビリくつろげる場所でした。それが一番。3年3ヶ月、どうもありがとうございましたー🤗

f:id:skygo:20210718011047j:plain

 

今日の夕食はホテルのレストランで、ステーキと紅白ウインナー。これが本当に最高に美味しくて次女も大喜びでした。もし将来家族4人でまたミュンヘンに来ることがあったらこれをオーダーしようと心に誓います🤞

f:id:skygo:20210717235008j:plain


帰国まで残り3日